公務員面接試験で不合格、落とす基準って?

公務員をめざす人の面接対策 > 公務員面接対策 > 公務員面接試験で不合格、落とす基準って?

公務員面接試験で不合格、落とす基準って?

受験者の多くの人は、学科試験にウエイトを置いて勉強をしています。

 

そのせいで、一次試験を突破しても、面接試験までの日数が少なく、

ほとんどの場合、たいした面接対策をしない間に、2次試験当日になってしまいます。

 

そして・・・不合格

 

せっかく、多くの時間と労力を積み重ねれ、勉強してきたのに不合格では

今までの苦労が台無しですよね。

 

不合格の理由としては、その人によって、いろいろな理由があると思います。

ですが、残念なことながら、

 

「なぜ、不合格になったのか?」という理由は教えてくれませんし、

公開もされません。

 

これが、大問題なわけです。

 

 

そもそも、公務員採用試験の場合、

一般の資格試験などと違い、

 

基本的には

受験者から、減点項目になる理由を見つけ出し、減点し、不合格者を選別する作業

と言えるかもしれません。

 

面接官は、確かに合格者・採用者を選んでいるのですが、

同時に、不合格にさせる理由も探しているのです。

 

 

ですが、その採点に関しては、コンピューターによって計算されるものではなく

面接官の感性によって、採点されている。ということを忘れないでください。

 

実際には、面接官からの印象もかなり重要ということも言えます。

 

面接官から、この人と勤務するなら、問題ないな。任せられるな。

そういう部分も非常に大きいといえるのです。

 

ですから、面接官が好む容姿、姿勢、態度、対応、考え方や服装など、

そういったものに関しても対策を練ることが、合格や採用のために

とても大切であることを忘れないでください。

 

面接官の人間です。

 

ですが、あなたではなりません。

 

あなたではないのですから、もちろん価値観も違うのです。

あなたが正しいと思っても、面接官にとっては「それは違う」と判断するものも

あるということなんです。

 

今一度、考えて欲しいのは、

あなたがもし、面接官だったとしたら、どんなひとを採用しますか?

 

もしくは、面接官の年齢に近い人(40代~50代の人)に

どんな人を採用したいか?

採用すならどんな人か?

 

そんな質問をして聞いてみるのも良いかもしれません。

 

自分以外の意見を聞くというのは非常に重要です。

自分の考えがどれだけ固定概念の塊か?ということにも気が付かされるかもしれません。

 

不合格の理由、落とす基準としては試験管の基準であり、

国家公務員法や地方公務員法に則った、部分ではあるものの、

 

やはり、第一印象は非常に重要なのです。

 

ボサボサの髪の毛、くせ毛、身だしなみが悪い、

不潔、臭い、服装の乱れ、

口ごもる、自分の意見を言えない、自信がなさそう、やる気がなさそう、

時間を守らない、節度がない、礼儀がない、

 

年季の入ったメガネ、ヨレヨレのカバン、汚れた革靴

そんなひと、一瞬でアウトです。

 

こういった、アタリマエのことができて、初めて採用への評価対象に

なることを忘れないでくださいね。

 

関連記事

  1. 公務員に採用されるための第一印象をアップする6 つのテクニック
  2. 【驚き】面接試験で恐ろしい結果が!!
  3. 公務員面接試験で落ちる理由とは?